道の駅但馬のまほろばから本場但馬牛を全国にお届けいたします。

本場但馬牛専門 通販|道の駅 但馬のまほろば 但馬牛(たじまうし)

美方但馬牛について

美方但馬牛について

こまやかな“サシ”が醸しだす風味

選び抜かれた素牛を細心の心配りと飼育技術で育て上げられた「美方但馬牛」は
筋繊維が細かく、こまやかな“サシ”が特徴です。

加熱すると“サシ”が溶け出すことでその周囲の筋肉を解きほぐし、
柔らかで抜群の舌触りを生み出します。

またこのとき筋肉のもつ味わいに脂肪が絶妙に溶け合い、
「美方但馬牛」特有のまろやかさが醸しだされます。

肉質等級“4等級”以上

牛肉の格付けは、食肉卸売市場および食肉センターにおける牛枝肉の公正な取引を推進するため(公社)日本食肉格付協会が定めたもので、全国統一されています。

肉質等級は「脂肪交雑」「肉の色沢」「肉の締まり及びきめ」「脂肪の色沢と質」の4項目について判定し、その項目等級のうち最も低い等級に格付されます。「美方但馬牛」は肉質等級“4等級”以上、B.M.S.のNo.5以上の但馬牛を中心にご提供いたします。

脂肪交雑基準(B.M.S.)について

「画像提供:(公社)日本食肉格付協会」

B.M.S.とは、Beef Marbling Standard(ビーフ マーブリング スタンダード)の略で、脂肪交雑を評価するための基準です。「美方但馬牛」はB.M.S.のNo.5~No.7の但馬牛を中心にご提供いたします。
※肉質等級とは(公社)日本食肉格付協会で定めた肉質の評価基準です

飼育環境

但馬牛のふる里で“但馬人”が育て上げる

兵庫県北部に位置する但馬地方。その中でも但馬牛の産地として名高い美方郡香美町村岡にある“美方ファーム”さんで丁寧、かつ大切に繁殖・肥育されています。

但馬でも寒暖差の激しい一二(ほい)峠にある土壌豊かな人里離れた小高い山の上で、大切な但馬牛に、できる限りストレスを与えない環境に牛舎と牧場があります。

近年問題視されている家畜への抗生物質投与について、“美方ファーム”さんでは一切使用していません。豊かな自然環境の中、自然の流れを損なわない安全な肥育に取組んでいます。

美方郡部で飼育される黒毛和種は但馬牛の純血を保った改良を続けるため、全て優秀な但馬牛だけを交配に用いた他に例をみない特殊な存在です。

“美方ファーム”さんでは伝統と血統を守り高い品質の但馬牛を育てる事を使命とし、繁殖農家が減少するなか但馬牛の源流を絶やさない事はもちろん若い世代の雇用を作り、未来に希望の持てる地域づくりにも取り組まれています。

生産者である小林氏は但馬牛のふる里の美方郡香美町村岡で、但馬人が牛を育て人が成長し、食の安全を通じて地域社会の文化的生活の向上”に注力されています。